清浄水へのアクセスがないために毎年100万人が亡くなっています。子供や高齢者がもっとも脆弱です。汚染水に関連する疾病で毎日千人近い子供が命を落としていることを意味します。水を使用しない衛生とともにうまく管理された水供給を発達させることで、7億人以上の人々に劇的なQOLの改善をもたらすことになります。特に水質資源へ継続的なアクセスを持つことのできない人口がそれにあたります。

失われた水

淡水は生命に必要不可欠な自然資源ですが、2025年までに世界人口の半分が水不足を伴うエリアで暮らすことになります。現在、都市の一部の水の漏出は50%以上に達しています。このことは、この貴重な資源の大きな浪費があるということを示しています。最適な管理ができていないためにかなりの浪費を引き起こしているのです。加えて、水の供給や衛生ネットワークに必要とされる数々の資源も浪費されています。つまり、持続的に的確な水ネットワークの測定を行うことは重要なのです。それによって最適な管理が可能になり、したがって水の損失の割合を最小限にとどめられます

水−ネットワーク−低下−アクセス

廃水の問題 

未登録の水とはネットワーク内に注入される水とメーターの全ての総計との差によって生じる水分量のことです。システムが完璧であれば、未登録の水はゼロになります。しかし以下の二つの理由により、たいていゼロにはなりません:

一つは測定のエラーによるもの。二つ目は、システムからの漏出分によるもの。

技術の進歩によってセンサーの不正確さは改善されます。しかしその一方で、供給ネットワークからの漏出は主に管理不足から発生します。ネットワークの構成部分は補修が必要です。過度の圧力のかかる水ネットワークもまた漏出を起こします。この未登録の水の一部を最適化し減少させるのに、多くの改善の余地が残されています。

つまりネットワーク内の 損失した水量は以下の要素に左右されます:

  1. パイプラインの年数
  2. システム圧
  3. 毎日の水流の違い
  4. ネットワークのセンサー化
  5. 管理者の応答時間
  6. 不法な接続

現在、一部の都市には、水の50% 以上を失う供給ネットワークが存在します。

Qatiumインテリジェントアシスタント

水の損失を防ぐための戦略

水の損失の管理に対する良い戦略を提案するのは基本です。当社は問題解決のために以下を質問します:

  1. どの程度の水が失われていますか?ネットワークの水バランスを計算することが必要です。注入された水量と請求された水量との差によって算出されます。
  2. どの箇所で損失が起きていますか?ネットワークの監査がどこで漏出が起きているのかを探し出す手助けをします。この時点でネットワークセンサーがどこで漏出が起きているかについて検出することが極めて重要です。データ処理が不可欠です。この解決法がもっとも効率的です。それにより水の浪費を減らすことにつながります。
  3. なぜ水が失われているのですか?なぜその損失が起きているのか見つけることが問題への解決につながります。そのためには管理されているネットワークについて広範な知識が必要不可欠です。
  4. それが起こらないにするにはどうしたらいいですか?問題に対する効率的かつ効果的な解決を選択するためには、明確な漏出制御戦略が必須です。シミュレーション・シナリオを使った研究では、どの方法がもっとも最適な解決をもたらすか見分けることができます。
  5. それが将来起こらないようにするにはどうしたらいいですか?ひとたび問題が解決すれば、問題はそれを予防することです。持続可能な戦略を維持して成果を保存してゆくことが必要です。
水−ネットワーク−パイプ

水パイプラインのメンテナンス

現在と未来

データ収集と解析は漏出を減らす最適な戦略を確立するために必須です。センサー化の費用を改善して減額することで、多岐にわたる可能性がひらけます(IoT)。また、大量のデータ(ビッグ・データ)の取り扱いの進歩も一助になります。人工知能を使用して処理技術を改善することで、水の損失を減らす大きな進歩が期待できます。大きな課題が目前に迫っていますが、正しいツールがあれば今日は不可能と思われる問題に対する解決法が見つかるかもしれません。