過去1世紀の間に、我々は再生可能なエネルギーが見つかる前に化石燃料が枯渇するのではないかと懸念していました。今世紀には、気候の変化、例えば水不足など、に関連した環境への影響が主な懸念になりました。

8億人の人口のうち、地球上のほとんど10人に1人が、安全な水資源へのアクセスを持っていません。人口動態の増加とその結果の環境変化は危険な状態です。それによってさらなる水使用と管理についての衝突を引き起こすでしょう。

世界経済フォーラム(World Economic Forum)とその他の機関は2030年までに水需要は40%増加すると推定しています。残念ながら、地球にその供給はできないのです。これは農業にも影響を及ぼすため、食料の高騰にもつながるでしょう

水−ストレス−世界−国々

このような問題はより大きな問題、例えば地球規模の水不足をまねきます。国連の持続可能な開発目標(UN Sustainable Development Goals:SDG)(2015-2030) が採択したこの言質は水問題にとって非常に重要です。さらに、現在のCOVID-19世界的流行(2020) は感染予防を目的とした水の重要性を示しています。

2030年には、水需要が40% 増加し、地球は十分な供給できなくなります。

Qatiumインテリジェントアシスタント

この問題は何に起因しますか?

およそたった地球表面の1%が水の消費に適した面積です。しかしそれは少量であるため、世界全体の人口には不十分です。

しかしながら、現実には水資源は地球全体に均等に割り当てられているわけではないのです。言うまでもなく、この問題を複雑に増幅させている人間の営みがあります。例えば:

  • 水資源のない居住地域。これは我々にとってより重要な他の資源があるからなのです。
  • 大きな水資源のある地域の一部を汚染すること
  • 我々は水の持続可能性のある地域を人口過密状態にして水資源の限界に到達あるいはそれを超過してしまいます。
水−不足−汚染−河川

汚染された河川

いくつかの解決策

世界規模の水不足を回避するにはいくつかの対策 があります。ここにごく一部の例をあげます:

  1. 社会意識:我々は蛇口から魔法のように出てくる水に限りがあることを理解しなければいけません。水利用にも権利がありますが水使用に責任をもつことも責任の一つなのです。
  2. 行政による 水インフラ の更改とメンテナンスに対する投資。ほとんどの都市ではネットワーク内で20%以上の水漏れがあります。この数値は増加して損失水量が50%以上に達する都市もあります。
  3. 脱塩化された水のより効率的な使用。しかしながら、水の脱塩化にはかなりのエネルギー消費を要し、環境に影響を与えることを心に留ておくべきです。
  4. 精製水からできる再利用水の使用の可能性を検討する 。これは農業や産業に多大な可能性を秘めています。都市や家庭での使用も増えています。

総括すると、我々にはグローバルな発想が必要なのです。化石燃料の不足問題は将来解決されるかも知れませんが、それでは水資源は枯渇するのでしょうか?もう遅すぎますか?