毎年300万以上の人が水質に関連した病気でなくなっています。これはつまり10秒毎に一人がなくなっているということです。これらの死亡は発展途上国で起こっています。私達はこれをちょっとした投資でたやすく防げるのです。2億2千万以上の人々に安全に管理された飲料水サービスへのアクセスがありません。加えて4億2千万の人々に安全な衛生サービスへのアクセスがありません。

水を飲む/死ぬ

何百万という女性と子供達が毎日10キロ以上を歩いて水源まで行き来しています。世界保健機構(World Health Organization:WHO)によると、世界の85%の疾患と死亡の原因は汚染水からきているということです。安全な水へのアクセスの欠如もまた、死亡の原因になっています。多くの人は生き延びるためによくない水質の水を飲むジレンマを抱えています。しかしその水は死に至る病気の原因になるかもしれません。汚染水の消費は多くの病気の原因になりえます。その一部に下痢や栄養失調、腸内線虫感染症や住血吸虫症などその他が挙げられます。

水−質−疾患−病気

飲料水へのアクセスと衛生サービスの改善で世界の疾患の9%を防げる可能性があるのです。それはつまり発展途上国の何百万という子供達の生活の質の抜本的な改善を意味します。彼らが最も苛まれているのは不安定な水システムの結果からくるものです。

汚染水

WHOは汚染水の定義を「組成が変化しているため、そのままでは目的の使用条件に合わないもの」としています。 微生物や重金属、特製の化合物などの物質の存在が水の質を落とします。水汚染とは水というすでに乏しい資源の大幅な減少を意味します。

主な水の劣化の原因として:

  1. たれ流し:およそ86%の排水が何の処置もされずに放水されています。これはその地域人口にとっと大きな健康リスクです。
  2. 気温の上昇:高温状態では、水の解離酸素の保持能力が落ちます。これは微生物の死の原因になります。特定の物質に対する自浄作用の能力も落ちます。
  3. 灌漑回帰:たいていの農業活動は大量の農薬や除草剤、肥料を使用します。これは水質に大きな影響を与えます。
  4. 森林破壊:森林の減少は土壌の侵食をまねきます。それにより水に含まれる物質量が増加します。
  5. 採鉱:特定の金属の抽出の為に大量の水使用が必要になります。対処されなければ、この水はエコシステムにとって深刻な問題になります。
  6. 石油流出:石油抽出作業は大量の水の汚染を引き起こします。

自然界には特定の物質を浄化する能力があります。この能力の限界を超えないために、浄水場の設置が不可欠です。これにより汚染水が自然界に制御されないまま放水されるのを防げます。

多くの人は生き延びるためによくない水質の水を飲むジレンマを抱えています。しかし、それは死につながる病気を引き起こすおそれがあります

Qatiumインテリジェントアシスタント
水−質−生存

タンザニアの都市近郊の村で頭に水の入った容器を乗せて歩くアフリカの女性

一般に、河川に有機物を放流することで起こる影響は以下の通りです:

劣化期:流出の直後に発生します。解離酸素の量が大幅に低下し始めます。最も弱い生物は死滅して微生物相の劣化が始まります。

能動的分解期:酸素濃度が低いために嫌気性分解が起こります。それによりガスの放出と悪臭が発生します。

回復期:酸素濃度が改善し始めます。より多くの複合生命体が再び出現し水が浄化されます。

清浄水期:水の物理的生物学的特性のバランスが健全に保たれている期間。

水は生命です

何百万という人々が毎日汚染水と共に生活を送り負の影響を受けています。これを防ぐには、質の良い飲料水と衛生のサービスへのアクセスが約束されなければなりません。この記事を読んでいる間にも、水質に関わる原因で25人の人が亡くなっています。今こそ行動を起こす時です!