Skip to main content

生産された飲料水の3分の1は、顧客に届く前に「失われる」と推定されています。 これらの損失には、盗難、改ざん、および請求書発行なしの既知の使用法が含まれます。

無収水は長年にわたって重要な問題でしたが、無収水の量は減少していません。 これは水道網、消費者、公益事業にとって大きな問題ですが、これらの水損失を減らすための電力会社側の行動はほとんど行われていません。

なぜ水道事業者は無収入の水に対して行動を起こさないのか?「私は、公益事業が行動を起こさない主な理由を詳しく調べ、公益事業が進歩を妨げている問題をどのように克服できるかを詳しく説明しました。 さらに重要なことは、水道事業者だけでなく、政府、民間企業、公開企業、規制機関、政治家、消費者にも利用可能な選択肢を探り、無収水の問題を解決するのに役立つことです。

以下は、公益事業が無収入の水に対して行動を起こさないと私が信じる12の理由のプレビューです。 また、私の完全な論文へのアクセスを見つけるでしょう。

1/ 水の生産コストは非常に低いため、行動を起こすことは経済的に実行可能ではありません

While the costs involved in producing water are often claimed to be reasonably low, the true costs aren’t fully understood or calculated accurately by any utility or body. The reality is that the costs involved in water production are not as low as it is often claimed

2 /報告された水の損失はすでに非常に低いです

一部の水道事業者は、3〜7%の水の損失を主張しています(場合によっては、水の0%が失われているという主張があります)。 独立した第三者が存在しない場合、これらの請求は、各公益事業体が自ら行った測定値によってのみ裏付けることができます。

現実には、世界のどの水道事業者も、抽出から配送までの間に発生する水の損失を正確に測定することはできません。

3/達成すべき集合的な非収益水指標はありません

多くの公益事業には内部目標がありますが、非収益水の価値の目標に関連する適用可能な指標と主要業績評価指標が明らかに欠けています。

4/ 政治家や自治体は水問題に非常に敏感です

近年のインドとアイルランドでの抗議行動は、良質な水へのアクセスの権利をめぐる消費者の懸念を浮き彫りにしており、多くの電力会社は、自分たちに影響を与える行動が取られたり、水が高価になりすぎたり、本当の量の水が失われたりした場合、消費者は不平を言うと信じています。

5/ 水道網の世話をするための政府提供の資金不足

水道事業への資金が不足しているため、インフラが劣化し、その多くが危険にさらされています。 政府は一般的に短命であるため、在任中には起こらないと思われる問題に対する資金を喜んで削減することがよくあります。

6/ 水道事業における技術的知識の欠如

公益事業部門の退職した従業員は、コスト削減の推進のために置き換えられておらず、若い世代の労働力への注入がなかったことを意味します。 さらに、保守的な性質と労働力の平均年齢のために、水産業への革新や投資に対するインセンティブはほとんどありませんでした。

7/ 水供給における競争の欠如

消費者は、公益事業が故障したときに世界のどこにいても、別のプロバイダを選択することはできません。 競争がなければ、水道事業者が改善するインセンティブはほとんどありません。

8/水道事業者は現状に挑戦したくない

多くの場合、水道事業者の経営は、政府が変わると変わります。 これは3〜5年ごとに起こるので、電力会社が改善のために戦うインセンティブはほとんどありません。

9/ 水道事業は民営化されており、異なる目的を持っています

民営化を取り巻く多くの問題には、利益を上げるという要件が、現場で50年間続く資産やインフラに長期投資を行うという要件と矛盾する可能性があり、民間電力会社が総所得を増やしたいという願望のために関税が指数関数的に増加する可能性があるという事実など、多くの問題があります。 これらの要因は、無収入の水の問題を覆い隠しています。

10/ 洗練された水技術の欠如

歴史的に、水産業の保守的な性質は、水産業のための新技術の開発に焦点が当てられていないことを意味してきました。 企業が新しい水技術を開発すると、公益事業はそれらを信頼し、投資することを躊躇してきました。

新しい技術的知識の欠如は、公益事業が無収入の水に改善を加えていないことを意味しています。

11/ 規制当局はより厳しい条件を課すことに興味がない

水道規制当局は一般に、水道事業に厳しい条件を課し、管理することにあまり関心がありません。

12/ 水関連問題に関する教育の欠如

急速な人口増加による水不足の問題や、すべての人に水道水を供給する需要がより公になり、現在ではこれに大きな焦点が当てられています。

これはまた、発生している損失に焦点を合わせますが、再び、電力会社が顧客からの反発を受けずにこれを伝えることは困難です。

無収水の問題に取り組むために公益事業が利用できるオプションを見つける準備はできましたか?

今まで、「失われた」水の量を改善するためにほとんど行われていませんでした。 私たちが知っているように、水の損失を減らすことは、不足に直面して水資源を節約することだけでなく、

  • 飲料水と廃水の両方の抽出、ポンプ、輸送、処理に使用されるエネルギーの削減
  • 飲料水と廃水の両方の抽出、ポンプ、輸送、処理に使用されるエネルギーによる大気中にポンプで汲み上げられるCO2の削減
  • 水・排水処理に使用する薬品の削減
  • 飲料水と廃水の両方の輸送と処理に必要なインフラの削減

無収益の水に取り組むことで、電力会社は効率を高め、冗長なエネルギー費用を削減し、重大な環境への影響を回避し、運用コストを全体的に削減することができます。

このホワイトペーパーの完全版では、上記で詳述した12の問題のそれぞれに対する12の包括的なソリューションを提供し、電力会社がネットワーク内の無収水に対して行動を起こすことを妨げている根深い理由にまだ取り組んでいない理由についてよく考えてもらいます。

Gavin van Tonder

About Gavin van Tonder