水なしに生命はありえません、少なくとも我々が昔それを知っていたようにはありえません。我々は青い地球に住んでいます。そしてそれが広大で不活性な宇宙空間に特別なことであるのなら、それは生命を支えるに必要な条件を満たしているからです。動物と植物共にすべての細胞は約75%という大量の水分を含んでいます。.そしてその細胞が生きてゆくためには多量の水分が必要なのです。疑いもなく、すべての一部として水は必須要素であり、我々が知っている通りに世界を形作ります。したがって我々はウォーター・フットプリントについての話をしなければなりません。

ウォーターフットプリントがそれほど重要な理由は何ですか?

淡水は、我々が毎日消費する製品にもっとも多く使用される自然資源です。しかしどれだけの水が各々の食料を作り出すのに必要なのか分かっているでしょうか?これこそが、それぞれの製品に使用される水量についてウォーター・フットプリントの概念が光を当て、また疑念を取り除くところなのです

University of Twente(オランダ)の研究者であるArjen HoekstraとMesfin Mekonnenはこの概念を2002年に発展させました。彼らの目的は、日常物が必要とする水量に与える影響を示すことでした。

気候の変化と人口の増加の現在の状況では、水資源に大きな負担がかかっています。つまり 淡水へのアクセスが非常に厳しい状態で継続的に減少しているということなのです。現在のところ、資源の減少は10人のうち4人に影響を与える程度ですが、これが2025年度までに人口の67%に影響を与える状況になりかねません。このことから、水の重要性について自覚することが必要なのです。複合的な未来へ適応する能力を改善させるために、資源の使用を減らすことは重要です。

Marc Buckleyは世界経済フォーラム(World Economic Forum)のイノベーションと農業及び食料と飲料の専門家ネットワーク(Innovation & Agriculture, Food & Beverage Expert Network)部門のメンバーであり、17ある国連の持続可能な開発目標(17 UN Sustainable Development Goals:SDG)の最大の支持者の一人です。彼は「水は我々のもつ資源のうち最も価値のあるものだ」と述べています。資源は分野横断的であり直接的・間接的にすべてのSDGに影響しうるからです。このことから、原水水質の欠如に関わる問題の解決はSDGの各々の現状を改善しうるのです。

現在、リソースの不足
10人中4人に影響します。
しかし、2025年には影響を与える可能性があります
人口の67%

Qatiumインテリジェントアシスタント

ウォーターフットプリントをどのように算出できますか?

ある製品のウォーター・フットプリントとは、製成のすべての過程で消費かつ/あるいは汚染される水量のことです。体積の単位(リットル、立方メートル、ガロン…)で測定され、ある製品の淡水使用に与える影響がどのようなものであるか示すものです。すなわち、製造の過程で直接使用される水に加えて、原材料に間接的に使用される水も考慮されます。

例えば、2ポンドの牛肉のウォーター・フットプリントを測定したい場合、動物に消費された水分を考慮するだけでなく、食肉を製造するために必要な水とその過程で汚染された水も考慮されます。最終的にはスーパーマーケットにその肉を移送するために必要な水、つまり冷蔵庫に保存するために使用された水、も加味されます。

ウォーター・フットプリントのカテゴリー

製品の製造に使用される水源に基づいた3つのカテゴリーが あります。これは2008年にHoekstra教授がウォーター・フットプリント・ネットワーク(Water Footprint Network)で提唱したものです:

  • グリーン・ウォーター・フットプリント:製品の製造で消費された沈殿あるいは蒸発した水のこと。稲田を例にとってみると、それは田に直接降り注いだ雨量と蒸発した水分量をさします。
  • ブルー・ウォーター・フットプリント:基盤施設によって規制されている自然あるいは人口資源から発生した地表水や地下水のこと。通常はほとんどの製品のうち大部分を占めます。稲田を例にとってみると、排水路やポンプで水をくみあげた灌漑の水をさします。
  • グレー・ウォーター・フットプリント:製品の製造の過程で発生する汚染水を希釈するために必要な資源量のこと。稲田を例にとってみると、製造の過程で使用された化学物質(肥料や除草剤、農薬など)が洗い流されるのに環境が必要とする水量をさします。
ウォーター−フットプリント−コーヒー−ガロン

コーヒーのウォーター・フットプリントは、一杯につきおよそ52ガロンです。

どうすればウォーターフットプリントを減らすことができますか?

19世紀の英国の物理学者で数学者のWilliam Thomson Kelvin(ウィリアム・トムソン・ケルビン)の有名なフレーズは、あらゆるプロセスを改善するための測定の重要性を浮き彫りにしています。

19世紀の物理数学者であった英国人のWilliam Thomson Kelvin は名言を残していますが、中でも、過程を改善するために測定の重要さを強調しています:「私はしばしば、あなたの話している事柄や知っていることを測定して数字で表現できる、と言っていますが、しかしそれが測定できなかったり数字で表現できない事柄である場合、あなたの知識は貧弱で不十分になってしまいます。それは知識の始まりではあっても、頭の中ではそれがどんな事柄であっても科学の学問としてはほとんど発展していないです」。

Lord Kelvin、1883年

このことから、ウォーター・フットプリントを減らす初めのステップはそれを知って計算することです

しかしウォーター・フットプリントを減らすための追加の推奨もあります:

  1. 特定の製品の消費を減らす。例えば、フルーツや野菜、新鮮な食料の消費を増やす。
  2. 地場産品を消費する。地物の農家から購入することはその製品の間接的な水の影響を減らすことにつながります。
  3. 非季節的商品は購入しない。製品の保存や輸入をすることは、その製品のウォーター・フットプリントを増加させます。
  4. 食料の廃棄を避ける.責任を持って購入してください。
  5. 水の消費と汚染を減らすために循環型経済を発展・推進する 。再利用と消費を減らすことは、水資源の使用を減少させるのに好影響をもたらします。
  6. 責任のある水使用を推進する。例えば浴槽に浸かることは避けてシャワー浴を推奨しましょう。
  7. 水道水を飲む容器に入った飲料水 は水道水よりも環境に与える影響が大きくなります。